歴史館の古文書WEB分館へ戻る
平田甲太郎家文書<平内新村と大島村の鮭猟場出入①>
                安永5(1776)年 文書№510
「平内新村と大島村の鮭猟場出入②(文書№507)」⇒こちら
「鮭猟場9ヶ所の境を記録した覚書(文書№508)」 ⇒こちら

<解説>
荒川支流(支沢)雑貝川の鮭漁業権を平内新村と大島村で争った際の
平内新村側から役所(この当時は米沢藩預領なので上関陣屋)への訴状
簡潔に記すと、次のような争い

雑貝川は、平内新村庄屋市三郎の漁場だ
そこへ大島村の者たちが、自分たちの漁場だと言って入ってきた
市三郎は大島村庄屋与惣左衛門に手紙で、やめさせてくれるよう申し入れた
しかし、与惣左衛門は、大島村の者たちと同じ主張をした
漁場はどこも、字(あざ=地名)で区切り、川上川下南北見通し境を立てている
問題の漁場は境の内側で、自分たち(市三郎)の漁場だ
大島村の漁場にも、見通し境があるはずで、それを調べれば分かることだ
以前も、大島村の者たちが今回と同じことを言ってきて、訴え出たことがある
その時は、小見村庄屋嘉左衛門と久保村庄屋半右衛門に、調べるよう指示があり
嘉左衛門方へ双方呼出し、詳しい聴取内容を書面にして、役所へ提出した
それを元に、役所からは、今まで通り市左衛門の漁場だと指示があった
それで、去年まで何の問題もなく漁をしてき、
今年も、7月から漁場の手入れを始めた
それなのに、今年になって何を思ったのか、大島村の者の漁場だと言ってきて
今日になって、急に漁場の拵え作業を始められた
今の時期(10月)は、鮭漁にとって大事な時期で、大変困っている
どうか、大島村の者たちをやめさせてください

この訴えの結果どうなったかは、文書がなく不明
この文書(安永5年)の21年後の寛政9(1797)年にも、
平内新村と大島村との漁場争いがあり、和解合意書(済口證文)が作成されている
「平内新村と大島村の鮭猟場出入②(文書№507)」⇒こちら
両村の争いは、続いていたのだろう
原文
釈文
読下し
意訳
原文
釈文
読下し
意訳
 
原文
 
 釈文
 
読下し 
 
意訳
ページのTOPへ